tac_の音庭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ボカロ文化について

とあるPのブログでの発言が物議を醸しているようで・・・
詳しくは書かないですが、
「糞曲でもミクに歌ってもらうだけで神曲と持て囃される」
「俺はその状況が嫌いだし、ミクミク騒いでる奴はキモイ。」
私はそんな感じのことが書いてあるように受け取りました。

確かにインスト曲や誰だか判らない人の唄ったオリジナル曲はニコニコでは伸びていません。
マイスペースやyoutubeなどに曲をupしても、恐らくコメントを貰うのは大変でしょう。
その点ニコニコはコメントをすることへのの敷居が低く、またミクを使うことによって、
「知らない人の唄っている歌」では無くなります。
その辺がまず曲を聴いて、感想をくれる間口を広げているのだと、私は思います。

まぁ確かにミク等のボカロを使うことによってペーペーの初心者である私でも、
100人以上の人に作品を聴いてもらえ、コメントも頂けるわけです。
客寄せパンダとして利用したのか?と言われればそうなると思います。

ボーカロイド文化が「キャラクターありき」になっている事で
「気合いを入れて作ったインストよりも、適当に作った曲をミクに唄わせた方が
反応が良かったりして、私(作曲者)は「ミクのおまけ」なのではないか?」
「ボーマスで販売側(Pの方々)と購入側(視聴者)とで纏う空気が違い過ぎてワロタ」
などの双方の価値観の違いもあるようです。上記は両方ともボカロ関連スレにて見た書き込みです。

しかしそのキャラクターのおかげで
こんな素人の作品でも「知っている歌手の曲」として聴いてもらえるわけです。

「ミクは音源だ」と割り切って使うのを否定している訳ではありません。
むしろ私はそちらの考えに近いですからね。
私は人間の声であれボカロの声であれ、歌も叫びも語りも立派な楽器だと思っています。
ただ、歌詞を乗せられるので、表現力がかなり高い楽器ですね。

長くなりましたけども、DTMerの発表の場が増えたのは
間違いなくボカロ文化のおかげだと、私は思います。
著作権や利益関係などまだまだ問題は山積みですが、
曲を聴いてもらわない事には、何も始まらないですからね。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。