tac_の音庭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

TENORI-ONファームウェアがバージョンアップしたよ。

以下のURLからダウンロードできます。

http://www.yamaha.co.jp/tenori-on/downloads/

アップデート内容

1 - より安定したオペレーション
内部ソフトウェアを改良し、全体的な処理能力が向上。よりスムースなリアルタイムパフォーマンスが可能になりました。

2 - 進歩したMIDI同期
多くのTENORI-ONユーザーが、楽器とコンピューターベースのDAWとの組み合わせで、音の多様性を最大限に拡張しています。新しいV.2.00ソフトウェアでは、MIDIソングポジションポインター(F2)の受信が可能になり、ポピュラーなDAWとのシームレスな統合を可能にしました。

3 - ミュートのショートカット
[R4]ボタンと[L1]ボタンを使って、簡単にオーディオ出力をミュートできるようになりました。このショートカットを使えば、特にDAWとの組み合わせ時には、深いメニュー階層に入ることなく、効果的なミュートオン/オフ操作が可能です。

4 - リセットループタイミングのショートカット
それぞれのトラックごとにループスピードを変えたり、異なるループポイントを設定することで、TENORI-ONはユニークな音楽を作り出せますが、すべてのループポイントをリセットしたほうが良い場合もあります。これまではメニュー階層に埋もれていましたが、V.2.00ではトップパネルのボタンから操作が可能です。[L4]ボタンと[R1]ボタンを同時に押すことで、すべてのループポイントを元のタイミングに戻すことができます。

5 - ユーザースケール
スケール(音階)の拡張および編集機能をV.2.00では、16の連続した音階だけに限らず、異なるオクターブの異なる音をひとつのレイヤー上に割り当てることができる「ユーザースケール」を作成できます。

6 - スイング
VERSION 2.0に新たに搭載された「スイング」機能により、音楽に新しいレベルのフィーリングを与えることができます。スイングパラメーター(-23~+23)をジョグホイールでリアルタイムに変えて、スイング感を微妙に調整することも可能です。忠実にクオンタイズされたDAWに対し、TENORI-ON自体はスイングしているというように、特に外部DAWに対してTENORI-ONがSlaveになっている場合は、この機能は独創性を発揮します。



Swing面白い!
まぁ音色が音色だからアレだけど、
かなり創作の幅が広がったと思う!

ループタイミング頭出しも便利!ていうかこの機能が欲しかった!

ユーザースケールはまだ弄ってないけど
これも活用すれば変な事が出来そうだね。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。